石井一貴(いしいかずたか)公式blog
人狼 (パーティーゲーム)
2010-10-08 Fri 19:19
いつもはテレビゲーム、ビデオゲームの話題が多いですが
今回は趣向を変えてパーティーゲームのお話を。

元はアメリカのメーカーさんが発売した
「汝は人狼なりや?」
と言うパーティーゲームが原作のようですが、
ネットでの掲示板のシステムを利用しての人狼や
自分達でお手製の役割カードを作って楽しんだり出来るので
人数さえ居れば 人間不信に 信頼を勝ち得る駆け引きが楽しめるので
興味があったらどうぞ。
今回の人狼は掲示板等オンラインのモノではなく
みんなで集まって遊ぶバージョンのお話です詳細は続きへ…


細かなルールまで説明すると長くなってしまうので簡単に説明しますと

まず、ゲームの進行役が一名必要です所謂GM(ゲームマスター)ですね

そして参加者は人狼側と人間(村人)側に分かれて、
人狼側は村人達に正体がバレないように
自分達と同数 まで村人を減らしてしまえば勝ち
村人側は誰が人狼なのか見破って全て処刑出来れば勝ち と言った感じです。

うん、これだけじゃさっぱりですね
ですがこれを最大の目的として駆け引きして行く事になるのです

まず役職カードを参加者は受け取り、その時点で自分が何者かが決まります
大まかに分けると人狼側、村人側。細かな特殊な役もありますが今は割愛


時間経過(ターン)は一日ずつ進みますが、
昼の全員で話し合う時間、夜の人狼の時間があり
全員で話し合う昼の時間に村人は人狼を退治するため、
疑わしい誰か一人を処刑しなければなりません

夜は村人たちは就寝(目を閉じ)
人狼達だけが活動し(人狼のみ目を開けお互いを確認し)、
捕食対象…村人のうち誰か一人を選びます

これを繰り返して最初に書いた勝利条件に到達するまで繰り返すゲームです

何処が面白いの?

まず、村人側のプレイヤーは誰が狼で誰が村人なのか解りません
人狼側は誰が人狼かだけは解っています。
この状態で昼のパートの話し合いで自身は村人である事を信じさせ、
誰が狼だと思うか、誰を処刑すべきかを説得しなければなりません
こ こ が 面 白 い の で す
人狼のくせにしれっと村人の顔をして、「やっぱり彼が疑わしい!」とか言ったり
村人なのに疑われて「だから違うって!!(>Д<;)」と必死に身の潔白を訴えたり

また、さっき割愛した特殊な役職
占い師…一日に一回誰か一人を占い、
    人狼か村人か判別する(結果は一日の最後に解る)

霊能者…その日処刑された人を占い、
    人狼だったか村人だったか判別する(結果は一日の最後に解る)

狩人…その夜誰か一人を人狼の襲撃から護衛出来る、
   人狼が狙った相手を護衛した場合、人狼の襲撃は失敗する。
   自身が人狼に狙われた場合は身を守れない

等々、他にもありますがそこは人数次第で…
これらが加わる事によって更に昼の駆け引きが熱く…
例えば占い師が名乗りを上げて
「私が占い師です、狩人さん守ってください」
と言い出しても人狼側の誰かが即座に、
「そいつはニセモノだ、私が本当の占い師だ」
と言い出したり…村人は自分以外の人の正体が解らないので
即座にはどちらを信じたらいいのか解りません。

狩人は自分の身は守れないので名乗らない方が良い事が殆どです
万が一食べられた、処刑されたとしても、人狼側に
まだ狩人が存在しているかもしれないから、重要な人物は襲いにくい
と警戒させたり出来ますしね

こういった駆け引きが面白いのです。

進行役の人が、人狼が誰を襲った、狩人が守りきった
占い結果を占い師に教える、ゲームの勝敗の判定、宣言等々
村人、人狼側が知ってはいけない情報を管理しつつ進める大事な役割を担います。

因みに処刑されてしまったり食べられてしまった人は基本黙って見守りましょう!
離れた場所でひそひそ喋る程度ならいいかもしれません
逆に「墓下会議」とでも言いましょうか、
倒れてしまった人たちで尚進行するゲーム(裏側、正体も含め)を見ながら
しれっとした顔で村人をだます狼に歯噛みするも良し
村人どころか占い師なのに誰にも信じてもらえず処刑されてしまう様を見て
心の中で頭を抱えるも良し。と、村人視線でしたが
早々と処刑されてしまった人狼は残りの仲間を心の中で応援するも良し。

興味が湧いた方は僕の拙い説明よりも、詳しく載ってるサイトさんや
BBS等で繰り広げられた人狼と村人の戦いの記録を眺めると面白いかもしれません

ただこのゲームの難点は、開幕の一日目はホント手探り状態なので
この時に食べられてしまった人、処刑されてしまった人は
確固たる理由が薄い…いまいち納得できないままゲームから除外され、
ゲーム終了まで傍観するしかないのがツライところですね
何かそのあたりを上手く改善、救済できるローカルルールか何かないかなぁ

あと昼間の話し合いが白熱するので、時間制限をしっかり設けないと
1ゲームで軽く1~2時間超えとかになってしまう事もあるのでご注意を。
…でもじっくり話し合って納得した上でゲームを進めて行くと
勝敗決定時の達成感が段違いなので
回数を取るか中身の濃さを取るか迷う所ですが。

兎に角とっても面白いゲームですのでお勧めです。
以上、人狼の紹介でした
別窓 | 趣味・ゲーム |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |