石井一貴(いしいかずたか)公式blog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
PSPアナログパッド修理(PSP2000) その1
2010-10-20 Wed 20:31
MHP3体験版が配信され、早速プレイするも…

アナログを上にしっかりいれてもゆっくり歩く動作しかしてくれない。
この 歩き はアナログスティックが浅く入力されてる時の動作の筈。
斜めから上方向に回したり、一気に力いっぱい倒すと一応走るのですが…

本体設定→本体情報でアナログをぐるぐる回す、
説明書にも載っているアナログの位置調整をするも効果無し。
あえて軸の中心点をずらした設定にもしてみましたが
暫くプレイしたり一度電源を落とすたびに直ってしまうのでダメでした
PSP自体に、アナログパッドを数値入力等で微調整出来る
設定項目を追加してくれると助かるのですが…公式で。

と、言う訳で
はい分解のお時間です
(別の記事でも書いてますが、一度でも分解すると
 メーカー保障が受けられなくなりますので自己責任でお願いします)

さてさて、
これでPSPを開けるのは3~4回目かな?

最初に新品を買ったときからアナログスティックを回すたびカチカチ音がして
常に何かにひっかかる感触があり調子が悪く、
そのまま遊んでいたら軸が折れてしまいました…

調べると、修理に出すと5~6千円(!?)取られるらしいので
仕方なく自分で直そうと思い、
非公式のアナログスティック部分のパーツ(送料含め800円程)
を取り寄せて自分で交換するも、安かろう悪かろうとでも言いましょうか
動作不良だったので更に別の会社から一つ取り寄せました、

そんなこんなで何度も修理した結果、いくつか解った事、得た事が。

最初に取り寄せたままのパーツで動作しなかった場合
そのパーツ自体を更に分解して、動作しない原因の箇所に一工夫したり、
細かな部品を別の社の物と入れ替えても
きちんと組み直せば普通に動作する事に大分時間が経ってから気付きました…
精密部品…とか思い込んでましたが、バラすと至ってシンプルな作りで、
割と乱暴な直し方でもいけるんですね、もっと早くやっていれば良かった。


さて今回手元にある素材は
PSPに最初から取り付けられていた純正品のパーツ。折れた軸以外の部品が一式

他には他社製品のアナログスティックのパーツ一式×2。
この二つは直接PSPに付け替えても前に走りっぱなしだったり、
おかしな反応をして使い物にならない所謂ハズレパーツです…
これは基盤に問題がありそうですね…基盤以外は一応使えそうです。


と、今現在PSPに付いている、他社製パーツ
上方向の認識が少し甘いだけなので
アナログパッドの設定を細かくいじれれば続投出来たのになぁ。
ダメですかソニーさん。


兎に角、これらを上手く組み合わせて
アナログスティックを復活させてやろうと思います。
本編の分解編は次回にっ
別窓 | 趣味・ゲーム |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。