石井一貴(いしいかずたか)公式blog
二年前の夏旅行 その二 到着
2010-11-09 Tue 20:04
「二泊三日、宿泊費は体で払おうツアー」の続きです

今回は都合がつかなかった仲良しの萩さんにお見送りして頂き、
総勢7名で車二台に分かれて出発っ
車で片道4~5時間かかります、遠いー
流石にドライバーさん達も交代制、頭が下がります…が、
車内で楽しくお喋りしたり持ち寄った音楽をかけたりして
途中のサービスエリアでちょこちょこ食べ物をつまんだり

長い道のりも楽しく過ごせました
旅行してるって感じですね!



車内より内海
長い車での移動を経て、漸く目的地付近に。

伯母の家は海のすぐ傍なのですが
陸地に囲まれた湾のような、所謂「内海」と呼ばれる海で、
波が凄く静かなため、パッと見は湖のような印象を受けます。

水鏡

ずっと昔はこの穏やかな水面に写る月を見るために
貴族達が別荘をこの辺りに建てて季節になると足を運んでいたそうです

伯母の家からも水面に写る月を望む事が出来るそうです。
うーん是非お月見に向いた時期にまた来たいですね。

そして到着。
全員合流してこれからお世話になる伯母と従姉妹に、
十数年前に他界された伯父さんにも仏前にて御挨拶をさせて頂きました。
少しの間お騒がせいたしますがご容赦ください…

と、予定より少し遅れてしまったので急いで荷物を部屋に、
お泊り場所の写真等撮ろうと思いましたがもう暗い暗い。
ですので明日にお預け。
さー急いで夕飯の買出しにいかないとーーーーって

温かな夕飯
お、伯母さまっっっ
「食べ物は流石に自分達で何とかしますー」って連絡しておいたのにっ
沢山、沢山用意していて下さいました…
バタバタしていたせいで写真が少ない&解りづらいのが悔やまれますが
お手製の煮物にお漬物、海の直ぐ傍ならではの新鮮な魚介類
お味噌汁にご飯に他にも沢山沢山沢山、
男7人分ですよ…準備大変でしたよね…もうなんて言ったらいいか。



本当にありがとうございます凄く嬉しいです美味しいです

です、です、ですが
嬉しい悲鳴を上げさせてください。
きっとこの時誰一人声には出さなかったけど
みんな心の中で叫んでいた声を。

(伯母さんっっありがとうございます!凄く…その…多いです!!!)

普段貧そ…げふん、程よい量の食事で賄っている僕達の胃袋には
流石にこの量は収まりきらず…
美味しいのに、もっと食べたいのに食べ切れない。
そんな悲しみに暮れながら 元々食が細い組 は早々にリタイア
普段結構な量を食べる人たちも流石に限界か続々ご馳走様でした宣言。

楽しい夕飯、戦いの夕飯
もう殆ど片付けた段階でもまだ…

しかしそんな中…
このblogに何度か登場しているカロリー王子ことKさんが戦い続けるっっ!
輝いてます、後光がさしています、
力尽きた僕らの分までペースを落とさず食べていく。

「おかわり御願いします」

このセリフがこんなに感動を誘う事が今までにあったであろうか。
本当にかっこよかった、ありがとうKさん。
でも流石に残りました…翌日改めて、という事で冷蔵庫に…
折角用意して下さったのに伯母さん、従姉妹さん
ごめんなさいごめんなさい、ちゃんと明日頂きます。

そんなこんなで食事の後軽くレクリエーション…
なんぞ出来る訳もなく、全員パンパンのお腹に幸せをかみしめつつも
みんな動けないままうなり声を上げています。
それでも何とか銭湯が閉まる前に起きて、みんなでお風呂へ。
入浴して帰った途端に全員爆睡だったかな…?
あの日の夜の記憶はご飯以外殆ど抜け落ちてます…
本当にご馳走様でした。


続く。


福島さん「カズ君、お漬物美味しいのに食べないの?」
(福島さんニヤニヤ)

石井 「あ、いえ、食べてますよ!有難く頂いておりますっ!」
(石井…匂いの強めの野菜が苦手、福島さんは既知。勿論少しづつ頂いていますが…)

福島さん「またー…伯母さんが折角用意してくれたのにーホント美味しいお漬物」

石井 「じゃ、じゃあコレを頂こうかな…」
(まだ誰も食べてない胡瓜のお漬物を取る、
 胡瓜匂いが苦手なんですよね…
 世界一栄養素が無い野菜としてギネスに載る位だし
 勿論食べれない訳じゃないけど無理に食べゴニョゴニョゴニョ)

福島さん「どれどれ…うおっ、この胡瓜の漬物超美味しい!!」

石井 「むむーじゃ僕も、パクリ」

伯母さん「あら良かった、それは胡瓜のワサビ漬けなのよ」

石井 「Σ バブフゥーー!!」
  と、なりそうなのを必死で堪え、パリパリパリポリポリポリひぎぃ
  ワサビ、カラシ系が僕の天敵ですキラーです、ウィークです、
  まさかの胡瓜とワサビのダブルパンチ
  おーーー視界が滲む滲む お鼻と舌と喉に痛恨の一撃
  おめめもまっかだー

石井 「お゛おいじいでず、程よい塩味、本当に…ワザビでなげれヴぁ」

伯母さん「 ? 」

福島さん「…っ、……っ」

福島さん笑い堪えとる…、おのれ…、
いや、本当に味加減は凄く良かったです
二秒位で鼻が詰まってすぐ解らなくなってしまいましたが…
食事中こんなやりとりがありましたよっと 余談でした。
別窓 | おでかけ |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |