石井一貴(いしいかずたか)公式blog
ふぇいすぶっく
2011-02-04 Fri 19:54
世界では凄い数の加入者になっているようですが、
日本では全然増えてないみたいですね
僕も先日お友達から始めたら?とお声を頂きましたがー

あれって実名やら過去の出身校やらなにやら情報堂々と出して、
そこから自分と関係がありそうな人をつなげてくれたりする…んですっけ?;
イマイチちゃんと機能を把握してない身で
余計なこと書いてはいけないと思いますが…、

うーん、興味はあるけどまだ手は出したくないかな…?
面白そうではあるのですが、どうなのかなぁ
ネットで昔懐かしい友人や、思わぬ人と意外な繋がりがあるって知って、
新しい出会いや、途切れていた友人との線が繋がったり、
良い事も沢山あるのでしょうけれども、やはり二の足を踏んでしまいますね
実名と自身の情報大公開でアクティブに繋がりをーって
間違いなく自分に向いてない事はもう十二分に解っておりますしっ


それよりも日本は昔ながらの
「ご近所付き合い」
が凄く減り続けてる気がする
…って僕自身がそうなってしまっているのですが。

子供の頃は近所の名前はみんな知ってて、おすそ分けやら、
長く家を空ける時は報告にいったり、町の行事でもしょっちゅう顔合わせたり
何かをお互い届けに行ったり、そんな事が多かった気がするのですが

今の住まいの隣近所の家族構成や名前をしっかり知っているか?
また近所付き合いをしているか?と問われると完全にNOです…

顔を会わせたら「こんにちは」位は勿論言っているのですが
それ以上でも以下でもなく…早数年…。
ご近所でそれが精一杯

マンションの何階に住んでるか解らない人の場合だと
ロビーでの、「こんにちは」にすら返事してくれないお母様もいらっしゃる位です。
一緒に居たお子さんはちゃんと返事してくれてましたが、
大丈夫なのかな…子供への影響が心配です。

それとも僕が子供に悪影響だと噂されていrtbyふjk
ううう部屋で発声とかしてるのがマズイかやはり
と、被害妄想はこれくらいにして…。


こういった近所付き合いは地域によっても大きく違うと思うのですが。


「遠くの親類より近くの他人」


って言葉もあるくらいですしね
今の時代の風潮とか流れがあっても、お互い気持ちよく近くで暮らせる、
困った時は助け合える程度の交流はあった方が良いなぁとは思います。


っとフェイスブックから随分話が逸れましたが

Twitter

始めなよーと友人知人に勧められるのですが
めんどう臭がりな僕ではやっぱり続くのか怪しいし
マズイ発言…と言いますか、言葉選ばないとあれこそ危ないですよね…
しかもblogも書く事はあれど更新するのに散々書き直してる自分では
たぶん一言つぶやくのも数日に一回あれば良い方かと
…見る側に回る分には良いのかな?

まぁ万が一始めたとしても当分はこそこそしてるかと…。と、以上雑談でした。
別窓 | |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |