石井一貴(いしいかずたか)公式blog
簡易更新 誤用しやすい言葉…
2012-03-02 Fri 20:20
更新が滞ってしまいました…

とは言ったものの
くだらない独り言や趣味…
主に自分が好きなゲームの話ばっかりしてる内容ですががが。
それでも小まめに見ていてくださる方々にお詫びを。


大変失礼致しました、


と、慌てて何か書こうとすると、短くまとめられる出来事が無い。
またゲームの事書くと長くなるし、
御礼を述べさせて頂くには推敲等の時間が足らず…

どうしたものかー
あー、そうだ、
突然ですが、誤用しやすい日本語講座~

本来の使われ方と違う使われ方をしやすい日本語が一杯ありますが、
そのうちのいくつかを…



「徐に」(おもむろに)



確かこの言葉随分前の記事でも少し触れた記憶があるのですが…

× 突然に 急に  
と表現する方が多いですね、
友人も良くこの言葉を「突然」の代わりに使うので、以前指摘したら、
「今はこっちの意味でも辞典とかに載ってるよ」
と言われたけれど、見たことないぞオイ。

〇ゆっくりと、落ち着いて、の他に「ゆっくりと動作を始めるさま」
と表記されている事もあるようです。


ついでにもう一つ



足を掬う



これは意味と言うより、言葉が一つ余計に足されて使われる事多いですね。

×足下を掬われる

〇足を掬われる

そう、「あしもとをすくう」「あしもとをすくわれる」
と使う人が凄く多いですが、実は「あしをすくう」「あしをすくわれる」
が、本来の言葉だそうです。

間違っていてもその使い方が浸透しきってしまうと、
いつかは
両方の意味、両方の言葉で使って良し。
なんて事になるかもしれませんね…
このお仕事をしていると、言葉のアクセントが顕著ですね。
現代は色々な言葉の発音が平板化していたりします。



動作や所作とはまた違う例になってしまいますが、
読み方が大きく変わった言葉で解り易いのだと…



心太(ところてん)

これ元々は「こころふと」
だったのが

こころふと→こころてい(湯桶読み)→こころてん→ところてん

と変わったそうでして、
今現在パソコンなどの変換でも ところてん で変換しないと「心太」になりません。


と、別に否定している訳ではありません
僕も ところてん でしっくりきていますし。

ただ…物や道具、食べ物はまだ良い気もしてしまうのですが、
日本語ならではの面白い表現や、
動作、所作を表す言葉の本来の使い方や意味は大切にして欲しいなあ、なんて。



そんな事言いながら、僕もしょっちゅう間違えてるんですけれどね!
blogの記事でもノリ重視で敢えて崩した言葉を使ったりもしていますし。

ただ自覚があるならまだしも、
気付かないうちに間違えてる事も少なくなかったりするのは反省したいです…
まだまだ勉強不足ですね。
僕が明らかに気付かずに間違えて使っている日本語があるようでしたら、
気軽にご一報頂けましたら幸いです…

って長くなってしまいました…
やはり文章書くの苦手だ…
別窓 | |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |