石井一貴(いしいかずたか)公式blog
半熟英雄
2013-03-07 Thu 23:20
ドラゴンクエストのリメイクが最近発売され、
ファイナルファンタジーもライトニングリターンズ、
作り直されたFF14の再始動。
はい、スクウェアエニックスさんの話です。










僕の周りにもドラクエ大好きー
FF大好きーな友人が沢山います。

勿論僕自身も両作品のⅤが特に好きだったりするのですが、
当時別々の会社だった頃のスクウェアさんのソフトで、
これは特に遊んだ!って作品を挙げるとしたら


半熟英雄


好きでした。
シリーズで数作品出ていますが、
SFCの方です、

ああ、世界よ半熟なれ

の方です。
ジャンルとしてはリアルタイムシミュレーションに分類されるのかな……


攻略本は買ってなかったのですが、
当時買った4コマ漫画が残っていたのでパシャリ。

はんじゅくっ ひーろー


コメディ色の強い作品で、
難易度的には特に強烈な縛りプレイでもしなければ、
簡単~普通位だったかと。
ややこしいシステムも無く、
ダジャレ、パロディ、コント、お約束盛り沢山の作品で、
気軽に遊べるゲームでした。


他のシミュレーションゲームと違って、
ユニットのパラメータ表示もシンプルなので非常にとっつき易いです。
ただ、シンプルにまとめられているくせに
ユニットである将軍一人一人のステータス画面に
わざわざ趣味を載せていたりと妙な所が凝っていたり。

趣味といっても

かていさいえん

とか

テニス

とか

おつきみ

など、たった一行程度の記載なのですが、
そのたった一行お陰で、
ステータスの数値や、卵の有無等の違いはあれど、
表面上は個性を見いだしにくい将軍達(※)一人一人に色を与え、
脳内補完や感情移入がしやすくなり、楽しむ要素が増えました。

(※実は目に見えて解る表示はされませんが、
細かい隠しパラメーターや設定があるので、
将軍一人一人を良く注意して見ていると色々違いがあって面白いのですが、
今回は割愛。)


それからこのゲームの主役とも言える
エッグモンスター。

ユニット同士の戦闘、
ボスとの戦闘時、
卵を持っている将軍は
モンスターを召喚して戦わせることも出来るのですが、
出てくるモンスターがバラエティに富んでいて、

「この卵からは何が出るのかな」
「レベル上がったし今回からはどんなモンスターが……?」

と、毎回呼び出すのが楽しみでした。
実際、わくわくしながら召喚してみると


オーディーン、

ならぬ

おーでーん


が現れたり、




敵のボスがたまごで呼び出したモンスターが

しろまどうし


「白魔導師」

かと思いきや
魔法を使う手足が生えたお城。

「城魔導師」だったり。



卵を酷使し過ぎると
「エッグマン」なる超貧弱モンスターがでてしまったり……

(ちなみにFFⅤにもエッグマンはゲスト的に登場していたりします)

レベルが上がって、格好良い曲と共に、
少し硬派?なエッグモンスターが初めて呼び出せた時は
感動を覚えました。アレスとかレッドドラゴンとか。
ハデスの詠唱みたいな説教みたいなのは覚えたなぁ……。

今でもそらで言えるかも。



と、長くなりましたが、
大好きなゲームだった事が伝わったかと。



ちなみに
続編も出ており、SFC版の半熟英雄に大ハマリした僕も、
喜んで「半熟英雄対3D」なる三作目を買ったのですが
……
…………
その、えーと、クリアもしたのですが、うん。

正直に申し上げるとSFC版の方が好きだったかな……。

結果、残念ながら4は見送らせて頂きました(´・ω・`)


と言う事で個人的にお勧めは

SFC版
半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ……!!

です。
機会があったら未プレイのFC版も触ってみたいなぁ


とりあえず今は時間が取れなくて
途中で止まっているゲームを進めたいのですが……



ゆで卵を食べていて、ふと思い出した
好きな作品のお話でした。
別窓 | 趣味・ゲーム |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |