石井一貴(いしいかずたか)公式blog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2013年友人宅忘年会その4
2014-02-22 Sat 22:20
家飲み忘年会、最後のイベント
「ワンナイト人狼」が始まりました。

初心者かつ、
長時間の飲みで
頭の回転が鈍っているおじさん達から飛び出した珍プレーを紹介して、
締めたいと思います。

では早速珍プレー集

その1「占わない師」

一回目のゲームは僕は村人でした。

占い師不在のままゲームが進み、狼側の勝利で終了しました。
各自の役職はなんだったのか確認してみると
占い師のカードを引いている人がいるじゃないですか。

何で宣言しないの!

と総ツッコミを受けた彼が言うには
ゲーム開始時の手順である
ゲームマスター(友人の妹さんがやってくれました感謝)
の「占い師の方、顔を上げてください」
という指示にはきちんと反応したらしいのですが、
顔を上げたものの、何をしたら良いか解らなかったので
とりあえず妹さんににっこり微笑んで
そのまま顔を伏せたそうです。

何してるんですか……。



その2、「狼自白――するも、村人まさかの敗北」
少々ややこしいです。


まず怪盗の役職の説明を少しだけ。
怪盗はゲーム開始時、みんなが自分の役職を確認した後に、
自分の役職カード、つまり怪盗のカードと誰かの役職カード(もしくは場に残ってる役職カード)
を交換する事が出来ます。(ちなみに怪盗のカード自体は村人側の勢力。)
交換した、されたかどうかは怪盗本人にしか解らないので、
もしも狼が怪盗にカードを交換されてしまっていた場合は、
必死に狼側の勝利に貢献して人狼側の勝利になったとしても、
自分の役職は怪盗になってしまっているので負けになってしまう……と。
色々と厄介な影響を与えるカードです。
説明終わり。

では本編に戻って……
流れを簡潔に説明すると、


怪盗がカードを交換したら狼だった。
そしてなぜかその事を自白。
この時点で村人の勝利確定ですね。

ところが僕が吊られて負けました。

なんでやねん。


もう少し詳しく書くと……
役職確認時、僕とAさんが狼でした。
そしてゲームスタートと同時に僕は占い師騙りを開始。
ある程度場が混乱したので悪くない流れと思いきや、
怪盗(だった)プレイヤーBさんが、
「Aさんとカード交換したら狼だった」と発言。
全員の頭の上に「?」
が出たと同時に僕は激焦り。
だってこの時点でこの元怪盗(現狼)Bさんが吊られたら負けじゃないですか。
もう村人側はこの一択だけで勝利確定。

そのまま場が混乱しつつ時間切れ。

あー負けたわー
と思いつつ処刑投票をしてみると、
村人がみんな僕を指さしてるじゃないですか。
なんでやねん。いや、まぁ結局負けなのかもしれないけど。
100%黒が隣にいるのに、
Bさんの発言により偽占い師である可能性が上がっただけの僕を釣るのは意味不明。

結果僕処刑。
全員の役職カードを確認してみると。
僕 怪盗 Aさん人狼 Bさん人狼

……はい、Bさんがすり替えたのはAさんではなく僕のカードでした。
結果村人側敗北。
怪盗にされてしまった僕も敗北。

……Bさんが自白した時点で村人勝利確定だったのに……
わけが解らないよ(´;ω;`)そんなに僕を吊りたいか。


その3「とりあえず君で」
かなりゲーム回数もこなしてみんな小慣れてきたころ、
占い師無し。
怪盗の発言も無し。
各々怪しい所なし。

「じゃあ……君だな」
と、先ほども出てきたAさんが吊られる事に。
どういう訳か、Aさん、人狼率がおかしいくらい高く
もうゲーム開始時点で情報ゼロでもみんなから疑われるという酷い状態に。

「何でさ!」と反論、命乞いするも吊られるAさん

結果、やはり狼だったので村人側勝利でした。
この時は流石にゲームが破綻してましたね、
1ターンだけだとどうしてもこの運ゲー率が極端に高くなっちゃうのが悔やまれる。


……と、他にも細かいネタも含めるとまだまだあるのですが、
役職カードの扱いが雑な怪盗の動きで物音が聞こえまくりで、
みんな顔を伏せたまま笑いを堪え切れなくなったり、
狼になっちゃうと
どうしても無言になってしまうメンバーの様子がおかしかったり、
途中から村人ロールプレイ、村長ロールプレイが流行りだし、
みんな村人になりたがるようになってきて
それぞれ吊られそうになると渾身の命乞いタイムが発生したり

とにかくよく笑った。
楽しい時間を過ごしました。


そんなこんなで午前3時位?まで続いたゲームも終了。
リビングでお布団をお借りしてみんなで雑魚寝。
楽しい宴が終わりました。

翌朝僕は用もあったので家まで送ってもらって別れたのですが、
他のメンバーはその足で銭湯に行き、
帰宅後人狼二戦目をやったそうで。
タフすぎ。

長々続いちゃいましたが、
年末色々ありましたが、こんな一日も過ごしてましたよ~
というお話でした。
たまにならこんな変わった飲み会も良いですね。
長かったのは確かだけれど全く苦痛ではなく、
久しぶりにのんびり楽しみました。
うん、楽しいものは楽しい。

家主さんとご兄妹には大変お世話になりました。
何れ、差し入れを持って改めて伺いたいと思います。

別窓 | おでかけ |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。