石井一貴(いしいかずたか)公式blog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
EVO2014 二日目まで見て。
2014-07-13 Sun 20:20
開催中のEVO2014で、
自身が観戦出来た試合の感想等々。

何らかの理由でまだ結果を知りたくない方は、
ネタバレが多数含まれますのでご注意ください。


追記へ続く。



続き。


先日記事を投稿した直後にEVOが始まったものの、
個人的な予定が翌日詰まっていたので
別日に見るつもりでした。
でも……やっぱり気になる。

「(ちょっとだけ、ちょっとだけ見てから寝よう……)」

これがいけなかった
配信開始の0:00から
全く眠らず、15:00頃までずっと見てました。


それもこれも、
序盤から波乱過ぎたり、名勝負が多かったりで、
見るのも止められないし、止めたところで興奮して寝られないし。

ウル4の予選序盤から凄かった。
どちらも決勝トーナメントまで進んでもおかしくない強豪の
Xiaohai選手とDieminion選手が早くもぶつかりました。
この試合のせいで火がついたのですよ……

※ここからド下手プレイヤー視点の勝手な試合解説が始まります。
勝手な解釈、間違った解釈が沢山あるかもしれません。
読んでも話半分にしておき、読みたくない方は飛ばしてクダサイ。


キャミィ対ガイル。
1本目の内容からキャミィ側、Xiaohai選手が圧勝するかと思いました。
何しろ反応が人間離れしてるプレイヤーさんな上に、
キャミィの技の特徴やゲージが有るときの選択肢の強み等々、
有利なんじゃないかなーと思ったり。

ところが2本目からガイルの戦い方に変化が。
キャミィの空中からの接近に対し、
移動を多用し攻撃先からずれる事と
徹底した対空、
多少のリスクを背負っても、
接近戦を避けているように見えました。

……それでも寄られる、転ばされると強力な起き攻めからのラッシュで
一気に体力を削られていましたが……。

これが功を奏しガイルが二本目を取り替えしまして、
お互いリーチをかけつつ三本目へ。

熱い。

三本目、画面端に追い込まれたガイルがキャミィのラッシュに耐えきれず
一方的な試合展開でキャミィ1ラウンド選手。
2ラウンド目、
再び画面端にガイルが追い込まれ、
所々反撃するも一方的な展開に。
このまま終わるかと思いきや、ガイルの牽制が何度かささり、
体力は五分に。
……この時フルゲージだったキャミィとXiaohai選手の反応速度なら
何度か弾抜けや刺し返しのチャンスがあったように見えたのですが……
勿論ソニックブームの硬直の少なさは驚異ではありますが。
大きな大会の常連プレイヤーとは言え、
やはり緊張や慎重になってしまう所があったのかな……。

最後は画面端で粘り続けたガイル側が逆転勝利しました。

そしてフルセットで迎えた3ラウンド目
再び開始早々画面左端までガイルが追い込まれるものの、
投げで位置交換に成功し、ガイル、右方向にじわじわ下がりつつキャミィの体力を削る。
今度は右端に追い込まれるも、
サマーソルトキックとキャミィの空中からの攻めがすれ違い、
運良く位置交換に成功。
この時キャミィ側が端から逃がしてしまった事が第一ですが、
サマーソルトの隙にしゃがみ中足空振りのみで済ませちゃったのも
決定的だったかも……。

そしてガイルは今度は左へ左へと下がりつつ迎撃し続け、
再び端まで追い込まれた頃にはキャミィの体力は残り数ミリ、スパコンゲージ無し。
勝負ありです。
見事なガイルでした……。

長々語りましたがこの試合、全部で5~6分です。

優勝候補の一角が早々とルーザーズへ。


『大会はダブルエリミネーション方式のため、
負ければ即敗退という訳ではありません。
調べていただければすぐにどんなルールか解りますが、
もの凄くおおざっぱな説明をすると、
全参加者は一回負けても良い権利を持っていると考えてください。

ウィナーズ=勝ち続けているプレイヤー達の枠
ルーザーズ=既に一度負けているプレイヤー達の枠

試合が進むにつれて参加選手達はこの二つに分かれて行き、
最終的に
ウィナーズから4名、
ルーザーズから4名の決勝トーナメント出場選手が選ばれます。
決勝トーナメントでもウィナーズ側、ルーザーズ側に別れて勝負し、
ウィナーズ側で全て勝ち抜いた無敗のプレイヤーと、
決勝リーグ中にルーザーズに落ちたプレイヤーを含めた、
ルーザーズ内を全て勝ち抜いたプレイヤーが決勝戦、
グランドファイナルを戦い、優勝者を決めます。
グランドファイナルでも、
ルーザーズ側はウィナーズ側のプレイヤーを
一度ルーザーズに落とさないといけないため、
二回勝たないと優勝は得られません。』



……こんな試合がこの後も何度も起こるかもしれない、
しかも日本から出場した強豪達や、
海外の有名プレイヤーもかなり早い段階でルーザーズ落ちしていたりで、
ルーザーズ枠の組み合わせがカオスな事に。
あちらこちらで決勝の組み合わせでもおかしくない
対戦が行われている訳で……


もう寝られないがな。

この後も各所で名勝負や、
有名プレイヤーの意外な敗北が生まれていたようですが、
中継で見られるのは配信台と呼ばれる、
放送用の機材が整った台からのみなので、
随時あちこちの情報を確認しながら観戦してました。

夜中から昼過ぎまで一人で、

ぎゃー わー おおおお 今っ 
あぶねぇえええ うめぇえええ すげぇええええ
なんで おしい おいしい えーーー
みえねぇ 減っる 減らねぇーー 

だの何だの騒がしくしてました。
特に応援しているプレイヤーさんの対戦だと、
自身まで対戦相手のキャラの動き一つ一つ目で追ってしまって、
思わず体が動くわ声が出るわ
疲れ具合がハンパじゃない……し、接戦が多くて心臓と胃が痛い。

そんな初日でした。

他にも語りたい試合が一杯あったのですが、
ゴミ解説と興味ない方置いてけぼり間違いなしの内容になりそうなので
止めておきます。

あとは箇条書きで二日目も含めた所感を書きつつ
決勝を楽しみにしておきます。



・sakoさん、まさかのエレナ。毎回何かしら意外性を持ってくるのは凄い。
 ガイ戦の1ラウンド毎に対応していく様子もさることながら
 ホーク戦、最後ゲージから上狙ってるのは見えたけれど
 蛇咬叭発動の速さに驚愕した。衰えないのか……反応速度……

・有名選手達の敗退、凄く残念、だけどこれがあるのが勝負事であり
 面白さでもあるかと。……でも凄く残念、もっと戦う姿を見たかった。

・初参加選手達の活躍、心が強い!
 凄い強気な選択して大胆な勝負をしていくのが面白かった。

・前日書いたユンが思ったよりも少なかったのが意外。
 国内国外でキャラ評価が違うのは知っていたけれど……。
 勝ち抜いてきた選手達のメインキャラクターもかなり別れていて、
 凄く面白い。決勝がとても楽しみ。


・BBCPやっぱり環境の差もあって日本勢が沢山勝ち抜いた。
 コ○○○の数はかなり多かったらしいけれど、
 まさかの予選で全滅、
 決勝トーナメントにはメインにしているプレイヤーはいないとかなんとか?
 やはりキャラ愛やプレイヤースキルで何とかなる……のだろうか?
 攻めが強力なキャラが飛び抜けてるゲームな印象は変わらず。
 しかし上位の方々は先手を取られてしまっても、
 よくあんな連携ガードし続けられるな……。
 ルートやパーツ知ってても無理だよあんなの。


・鉄拳、ウィナーズ後半の日本人対決と、決勝は観戦。
 惜しくも準優勝に終わったけれど鉄拳知らない僕でも見てて面白かった。
 ……準優勝者がまさかの13歳とは……。


・アルカプ、日本勢全滅らしい?
 やっぱりこのソフトは海外勢の強さが光るのだろうか。
 正直知識がゼロに近いので、
 アシストやエフェクトでみづらい攻撃から
 1発あたったら死んでたくらいしか解らない。


・P4Uみられなかった……


・スマブラ、会場の沸き方が凄い。
 試合内容はどんなプレイがどれだけ凄いのかまでは解らないので
 ぼんやりと見てた。
 スピードが凄いなぁ。


・アケコン買いたくなった。
 アクション映画見て、 自分も急に強くなった気がして
 何か盛り上がっちゃうあの現象です。
 故障気味?なのが一番の理由なのですが。
 うちの安いの改造したやつレバー下が急にきかなくなったかと思えば、
 少し経つと突然直るんだよね……なんなの……。


長々失礼致しました。
別窓 | 趣味・ゲーム |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。