石井一貴(いしいかずたか)公式blog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
EVO2014 最終日。
2014-08-02 Sat 22:20
終わってすぐに記事を書いたら、
恐らく歯止めが利かなかったので、
暫く間を置いて出来るだけ短めに書こうと思った。

のですが、間あけすぎました。
すみません。

色々記憶が怪しい箇所もありますが、
勝手に感想とか書いていきます。

まずは運営の皆さん、参加選手の皆さん、
今年も楽しませて頂きました。ありがとうございました。


では思い出しつつ三日目……


の前に、
書き忘れてた二日目KOFについて。
ときどさん準優勝おめでとうございます。

応援していたので惜しいなぁ……、
優勝してほしかったなぁという気持ちもありますが、
大会前から今年は優勝すると宣言し、
決勝まで勝ち抜いて有言実行まであと一歩まで行ったのは本当に凄いと思う。
来年はKOFが種目に残っているかやや微妙な所ではありますが、
是非いつか何らかの形でリベンジをしてほしいです……。
XiaoHai選手、優勝おめでとうございました。


改めて三日目、
出来るだけ簡潔に行きます

アルカプ、
これは○○ニ○動画の方で見たのですが、
アルカプ知識が薄い僕にも解る、
親切な解説が付いていてありがたかったです。
システムやキャラの特徴、
有名プレイヤーの使ってくる戦術などを盛り込んでくれたので、
ある程度理解しながら見られて面白かった。
ヒール役がウリのプレイヤーさんが居たり、
新進気鋭の強者が現れたり、
何故かEVOでは優勝出来ない超強豪プレイヤー、
ゲーム事態も面白かったですが、人間模様まで楽しめました。
ジャスティンはやっぱり凄いんだな……


ブレイブルー
熱かった。
凄かった。
少しの間プレイしてたので展開をそれなりに理解しつつ楽しめました。
しかし人読みもあるんだろうけど凄まじい攻防でした……
過去の記事でブレイブルーの事を書いた記事があるのですが、

以下自分の過去記事から引用
『気分転換も兼ねて使用キャラクターを変えて遊んでみた所、
下手くそなりに思った正直な感想が、
「あれ、ちょっと触っただけのこのキャラのが絶対強いわこれ……」
豊富な連携、割と速い中段から結構なダメージ。
地上空中の攻撃も判定強い。返し技もアリ。
試しにちょっとだけ野良対戦したらぽんぽん相手が倒れてゆく。
……どのキャラを使ったかは秘密ですが。』
引用ここまで

……上記の中で使っていたキャラクター。
実は今回優勝されたプレイヤーの
ガリレオさんが使ってたのと同じ、
ライチ=フェイ=リンなんですね。

当時はブレイブルーの有名プレイヤーさん等の知識や
極端に強いキャラ以外はよく知らなかったので、
たまたまです。

ライチを使った経緯としては……
それまで使っていたアマネも上手に使えば十分勝てるキャラですが、
どうにも僕の技量ではこれ以上の進歩を望むには
乗り越えないといけないモノが多すぎたのと、
どうにもならないレベルで押え込まれる組み合わせがあったので、
別キャラで気分転換&違う視点を見いだそうと
あれこれキャラを触って見た結果、
ライチ面白いなぁと。


実際キャラ……ライチを動かしたときの
軽快さと安定した返し技の存在が
それまで使っていたアマネと真逆だったので、
興味が湧いて使ってみたのですが……強い。

僕が触ったのはバージョンが変わる前の
もっと強い時(だったのかな?)でした。
ただライチ=フェイ=リンを使うに当たって、
知識がゼロなのとキャラwikiも消滅していたので
あちこちで動画を検索してひたすら参考にしたのが

ガリレオさんのプレイ動画でした。

模倣……と言うのもおこがましいですが、
僕の技量でも真似できそうな所だけ真似させて頂きました、
連続技、崩し、特定のキャラに対する戦い方等々。
そのお陰である程度勝たせてもらった身としては、
勝手に先生としていた人物が優勝した感じで何だか嬉しい。

試合も際どい勝負、展開が多く、非常に見応えがありました。
まだ国内でも大会が行われている真っ最中ですね、
選手の皆さん、応援してます。



あかん、これでウル4控えてたらやっぱり長いじゃないか、
どうなってるんだ。
一番楽しみにしてた種目だけどガッツリ削ります

ウル4
決勝、キャラがバラバラ。
まだ稼働開始から時間が経ってない事もあるんだろうけれど、
各キャラがどこまでポテンシャルを秘めているのか、
各プレイヤーがどんな隠し球、ネタを持ってきているのか読めない
誰が優勝してもおかしくない混戦に。

やっぱり僕はsakoさんをイチオシ。
でも調子が上がるまで時間がかかってしまったのか惜しくも敗退、
しかし流石と言いますか、
やはり大会に出場すれば必ず会場を湧かせますね。
大会本番、決勝トーナメント、追い詰められている、
と、特大プレッシャー三拍子のあの状況で、
とんでもないコンボを魅せてくれたのには本当に拍手です。
勿論立ち回りや対応の巧さも大好きです。来年こそ優勝を!。






以下箇条書きで端折った感想
・Snake Eyes選手、ホントにザンギで優勝しちゃうんじゃないかと思ったよ。
怖い。ザンギ怖い。

・ウィナーズファイナルでの日本人対決も面白かった。
何度も対戦しているであろうお二人の勝負も
他の対戦相手よりもより人読みを踏まえた駆け引きが濃く表れてたのかな……
しかしボンちゃん選手の相手のコマンド投げへ対する嗅覚はどこから……
他のプレイヤーとの対戦でもそうですが、
要所……それもここだけ!ってシーンで
必ず垂直ジャンプで回避→最大反撃をいれてました。
凄い。
別の対戦でも、コマンド投げのみならず
通常投げをガンガン抜けてましたね、
投げ抜けコマンドを仕込んでるからだとしても
タイミングをずらされたり、仕込みを潰す選択肢をとられる事もあるので、
よくあれだけ防げるなぁと……。
あ、自身から投げに行っていた可能性もありますが。

・グランドファイナル、 Louffy選手もボンちゃん選手も凄かった。
今回の大会でかなり早い段階で
有名な日本人のプレイヤーが 敗退していたのですが、
Louffy選手に敗れて姿を消してしまったプレイヤーの多いこと多いこと。
大会の最中は日本人キラーなんて言われ方もしていたのですが、
優勝まで行っちゃいましたね……強い訳だ……。
お互いが相手の出方、手札を探り合って、
めまぐるしく戦い方の主軸を切り替えて勝負していく凄い試合でした。 
Louffy選手、優勝おめでとうございました。
ボンちゃん選手もサガットでの準優勝おめでとうございます。
特に今回は調整のせいで相当キツイって言われてたようですが。
やっぱりプレイヤーの腕次第で沢山の可能性が……精進しよう。

あ、Louffy選手はアーケードスティックではなく、
ゲームパッドでの参加だったのですが、
まさかのプレイステーションの初期のコントローラー!

一緒一緒!僕もPCとかでの格闘ゲームや
シューティングゲームやるとき結局一番楽で使い易いのは
アナログスティックのついていない、
昔のプレイステーションのコントローラーです。
今もパソコンにつないでいるのでパチリ。
DSC_0005.jpg
軽いし握ってて疲れない、
十字キーも入力方向が安定している気がして
(不意の斜め誤入力があまり起きない?)
やはり何だかんだ一番使い易い気がします。
サターンパッドも捨てがたいのですが……


……しかしこれでウル4出来る気しないんですが。
特にボタン周り。
どんな操作してるんですかね。

脱線しましたがEVO2014の記事はここまで。
もっともっと書きたいことありましたが、
もうこんな所まで読んでくれている人なんていないと思いますし!

※再度書いておきますが、
ゲーム好きだけどライトな層のプレイヤーが
好き勝手語っただけですので、
内容には沢山誤りがあると思われます。
話半分程度に留めておいてください。


ちょっと格闘ゲーム熱がまた再燃してきたかも。
もうすぐ家庭用のウル4が日本でも発売開始ですし、
時間作れたら久々に頑張ろうかな。

長々好きな話ばかり、失礼致しました。
別窓 | 趣味・ゲーム |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。