石井一貴(いしいかずたか)公式blog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
FEZ その6 対部隊戦その二
2009-12-06 Sun 19:26
相手が職編成、連絡手段を整えた多人数の部隊を相手にする時の
野良、少人数部隊でちょっとでも抗う方法をちょこちょこ書きます…
くどいようですが、あくまで個人的に考えてることなので正解ではありません
今回は中身に入っていきます
相手が意思疎通がとれた集団の場合
有利な状況で一気に攻めてきて、五分や不利では下がる…と言いますか
わざと引きこむ、有利な状況を生み出すための動きをしてきます。
そのまま考えなしにぶつかっても勝ち目はありません
また、考えても一人で実行したところで高が知れていますが…

そんな集団を相手に戦う時に僕が心がけてるのは
・相手の視点になって考えて押し引きをする
・ハイドサーチの徹底
・安易にオベリスクの再建をしない(但し領域は他所で必ず補う)
・こちらも最低限の職構成を整え、相手の職構成を覚える
・周囲の仲間との声だし、意思疎通
・オベ折り合戦)

他にも色々ありますが、とりあえず ぱっと思いついた大事な事を挙げました
今回はこのうちの上から三つ目までをちょろっと書いてみます


・相手の視点になって考えて押し引きをする
相手のが有利~五分なのにするする下がる時は明らかに何かを狙っています
短剣を仕込んだ、有利な位置に誘導する、急反転からの大カウンター狙い
逃がしにくい位置まで引きこむ等々例を挙げればキリがありませんが
下がったからと言って安易に追えば痛い目にあう事が殆どです

・ハイドサーチの徹底
上記のと類似してしまいますが…
ほぼ、どの部隊も短剣妨害からの猛攻や、
先に浅く当たって視線を集めてから短剣の妨害発動>突撃と言った手を
必ずと言って良いほど使ってきます。
カウンターの起点にしやすいし、何よりも効果が絶大だからです
逃げる相手を追う時も段差上、建築物の裏、上、壁際にハイドがこっそり
残っていないか十分に注意しながら相手を追ってください
誰も気付かないまま後ろから妨害、
前から敵集団の急反転が来た場合目も当てられません
また、自軍にレイスやキマイラが居る場合は絶対に足元を守ってあげてください
召喚獣への短剣による妨害は「必ず」狙ってきます
まともに妨害が入れば歩兵だけででもこちらの召喚獣ごと倒しに猛攻が来ます

・安易にオベリスクの再建をしない
「オベを折られた、でも前線押し返したっぽい
領域負けてるから急いで再建
再建したら凄い勢いで前線押されだした、また折られた。」
この経験はあると思います、

なのでオベを建てない…?と言う訳ではありません

領域は大事です
領域で戦うゲームですし、負けたままなのに領域を増やさない、
増やせない時点で正攻法で勝つのは無理です。

マップに依ってセオリーの建築位置はありますが
例えば東西、南北に歩兵が別れるマップ等で、
相手側の強力な部隊が居ない方の戦線が押し込めているなら
そちらを普段よりもずっと強気に伸ばして領域を確保するべきです
領域負けを続けるよりかはよっぽどリスクもリターンも違います。

一方強力な部隊集団が居る側ですが、
「マップにもよりますが」
相手は再建させるためにわざと引いてる事が多いです
大体のマップが複数の箇所でぶつかり合う場所「前線」が点在すると思いますが
出来れば戦争開始の時から強い部隊の集団が来ている前線には
あまり強気にオベリスクを建てず、ギリギリ最低ライン守りきれる有利な位置などで
維持を心がけた方が良いと思います

そして早い段階で別の前線に代わりに強気に伸ばすよう
軍チャ等で呼びかけてみてください、
それも不可能だったり両方押されたり、
領域負けのまま維持が精一杯の場合は敗戦濃厚ですが…

もし強気に伸ばした前線の方に部隊がいったら?
自軍の裏オベやマップの最外周を抜けて折りに来られたら?
その場合は下手に迎撃に人を割かず、こちらも相手の外、裏を抜いて
折り合いに持ち込みましょう。
中には建築破壊に全く向かない構成でオベ折り合戦…マラソンゲーを仕掛けてくる
謎部隊もいるので、こちらの建築破壊速度が上回れば、
状況に依っては逆転できます、
この場合再建位置と速度も勝負のカギになってきますがその辺りはまた
「・オベ折り合戦」の解説にて。


と言う訳で今回はここまで 次回は残りの三つを解説します
別窓 | 趣味・ゲーム |
| 一貴一遊  (いっきいちゆう~石井一貴公式blog~) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。